FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方はまだ梅雨です。

 先日の西日本豪雨災害では、広範囲にかけて甚大な被害を受け、亡くなった方々、被害にあわれた方々に、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。
 ここ数年前から異常な雨が集中的に降ったり、気温の変化が極端だったり、いつ何が起こるか分からない状況です。
 青森はまだ梅雨明け前で、例年より気温が低い日が多くて、庭の野菜も生育が悪いです。
それでも、5年前に植えた梅の木から1キロの実が収穫できました。早速梅酒を作りました。

IMG_6785梅

もう一つの感動は、マイハーブガーデンに、チコリのブルーの花と、ベルガモットが咲いた事

チコリIMG_6795

ベルガモットIMG_6855

さて、生徒さんの作品ご紹介です。
初孫の為に箱を作りたいとカルトナージュを始められたAさんの作品です。お友達から早速「つくってー」のリクエストが。
写真立て

写真たて2

トレーIMG_6856

松尾捺染さんのジュイ柄がお気に入りのNさんは、同じ布で今度もバインダーとスマホカバーを作られました。

Nさん

NIMG_6794

バインダーIMG_6537

2バインダー

何時も作品を作る時、出来上がった時のイメージを大事にして作業されるNAさん。★がテーマ。蓋にビーズ。蓋裏には、★のキラキラした流れをビーズでデザインしました。ロマンチックな箱になりました。

内容IMG_6792

NA2IMG_6791.jpg
スポンサーサイト

花の季節

家の周りでは、生まれて間もない雛のさえずりがきこえてきて、微笑ましい気持ちになりました。
植物がグングン育ち、昆虫の動きも活発になってきました。
外出中に良く手入れされた庭を見つけると、ついついシャッターを推してしまいます。

白い塀とばら

バラIMG_6714

玄関前IMG_6715

自宅のクレマチスもさきました。

ダイアナIMG_6768[1]

クレマチスIMG_6664

今日は、黒石市で簡単に仕上がるブッツク型の箱を講習にいきました。
あまりにも集中して作成されていて、「皆さん呼吸してくださね。」と、思わず言ってしまいました。
生地の継ぎ目にレースを貼ってもらいましたが、おひとりの方が蓋裏に斜めに残りのレースを張られたら、皆さんも同様にオシャレ感アップに。
出来立てほやほやなので蓋が少し開いていますが、重しをすれば、キチンとしまりますよ。不安そうな皆さんに一言。

箱早い

連休明け

大型連休は、皆様如何お過ごしでしたか?

今年はお客様がいらっしゃらなくて、のんびりとガーデニング三昧生活?でした。

東京、大阪、青森と全国3か所で開催された、3D(絵画とレリーフや彫刻、陶芸との関連)を意識したシャガール展を見に行きました。

シャガールが沢山彫刻を作っていたのには驚きました。

自由で、独特な世界観が素敵でした。

シャガール展

弘大藤崎農場のチューリップが、今年はだいぶ咲き終わってしまっていて残念でした。

チューリップIMG_6577

3チューリップ

2チューリップ

連休前,連休明けの生徒さんの作品ご紹介です。

Iさんのボンボニエール。既製品のタッツセルを使ったそうですが、

生地の色とピッタリです。

ボンボニエールIMG_6639

2ボンボニエール

Kさんの六角形の箱。サーモンピンクのリボンとブレードがアクセントで、モノトーン調柄にマッチしています。

六角形IMG_6542

箱内布もサーモンピンクで、素敵なのですが、私のミスで画像を無くしてしまいました。すみませんでした。(´・Д・)」

ゴールデンウイークが始まりました。

暫く疲労と風邪のダブルパンチで、ブログをお休みしていました。

4月10日に皇居側のプリンスホテルで、高田ケンゾーさんが書いた「夢の回想録」出版記念パーティーがありました。

ケンゾーさんは文化服装学院デザイン科の9期生。私は24期生で、学生時代から憧れの先輩でした。

ケンゾーさんの自伝を読んで、成功の陰には、様々な人脈作りがあった事が伺えました。

パーティーIMG_6476

発起人代表のコシノジュンコさんとの対談

対談IMG_6479

会場には久本雅美さんもいらしていて、何人もの方と写真撮影されていました。人気者です。

 さて、生徒さんの作品ご紹介です。

Hさんのバックルの箱。百均のプラスチックの箱の大きさに合わせ、サイズを出して作られました。

丁寧で完璧仕上がりです。

2バックル

バックルIMG_6463

家で、少し小さめの箱も作られました。

3バックル

佐藤由美子先生の「四季のカルトナージュ」の本から「ワインギフトケース」も作られました。

思ったよりてこずった作品で、調整が難航したようです。私も作りましたが、ワインは差し上げても、箱は差し上げたくはありませんね。

ワインバッグ

ワイン2IMG_6472

佐藤由美子先生の「おしゃれな布箱」からカップ型ぺん立てをMさんが作られました。

何時も優しい柄を使用されています。

カップIMG_6470

Kさんのテッシュケース。オリーブ柄は普遍的で愛されますね。

2テッシュケース

テッシュケース


二つのオペラ座でバレイ観覧

由緒あるオペラ座では、チャイコフスキーの「オネーギン」を見ました。

オペラ座の外観は何度も見ていたのですが、内部は初めてでした。

階段の下からみあげた天井は、素晴らしく、黄金色の彫刻とアーチが

迫ってきて、感動がこみ上げてきました。

オペラ入口

階段IMG_6153

客席IMG_6161

ピンボケですが、客席ひとつひとつのデザインが素敵。貴族になった気分。

二階席の彫刻も素晴らしい!

二階IMG_6162

客席の天井は、シャガール。

天井客席の

舞台の緞帳は見事なものです。幕があがるまで子供の様にワクワクしていました。

緞帳IMG_6158
休憩時間に廊下に出ると、オペラの衣装が数体展示されていました。

オペラとバレイが年間スケジュールに組まれているようです。

コスチューム

2コスチューム

この演目を見て2日後、バスチーユにある新しい劇場でモダンバレエをみました。。

ボレロ作曲の二つの演目でした。

ひとつは日本でも、ギメーが踊ったのを見ていましたが、演出が異なっている

ので、新鮮な気持ちで見る事ができました。

オペラ座バスティーユ

バレエモダン

男性の中でもひときわ跳躍力のずば抜けたダンサーがいて、会場に、

割れんばかりの拍手が鳴り響いていました。

プロフィール

サロン・ドゥ・カルトナージュ弘前 白坂 和代

Author:サロン・ドゥ・カルトナージュ弘前 白坂 和代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。