スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の旅行のハイライト ナンシー見学 前半!

ワクワクドキドキ、楽しみにしていたナンシーへ。
7時にはホテルを出るので、ホテルで朝食が取れません。フロントに頼んだら、快くバケットとクロワッサン、バター、ジャムをテイクアウトさせてくれました。
ナンシーへ向かう東駅に着くと、3人の兵士が自動小銃を持って巡回していました。警官ではなく兵士の姿に驚きましたが、この駅はドイツ、スイス方面(中東からの乗り継ぎ経路でもある)の列車が発着する国際ターミナルであることを考えると、このくらいの警備は当然かなと思いました。

レストギャルド

国内線のナンシー行きTGV(フランスの新幹線)のグリーン車(奮発?)に乗り込み、テイクアウトのパンと前日買い込んだジュース、チーズ、サラダを加えた豪華な朝食を楽しみました。

ホームから見たナンシー駅

ナンシー駅から、スタニスラス広場に向かう途中、日本でいう商工会議所の建物が、アールヌーボー様式で装飾されているのがまず目につきました。

街並駅からの

街並

世界遺産に登録されていて、世界で最も美しい広場の一つと言われるスタニスラス広場に到着。
広場に面する市役所の2階のバルコニーから広場を撮ろうとしましたが、普通のカメラではとても納まらない広さの広場です。

ひろば5

ひろば6

ひろば7IMG_2921

ひろばIMG_2905

広場4

広場にはワインのワイン棚を転用したベンチ(棚にはワインの空きビンが入っています。)やボルトナットなど不要な金属を球体に固めたオブジェを置くなど、現代アート風な庭園が造られていました。庭園のエキスポジションのようなものが開催されていたようです。

ワイン棚のベンチ

オブジェ 庭の

続いて、広場に面したナンシー美術館を見学。
ここの目玉は、ドーム兄弟のガラス作品の膨大なコレクション。写真はほんの一部です。

4ドーム兄弟

ドーム兄弟2

ドーム兄弟5

ドーム兄弟IMG_2923

3ドーム兄弟

8ドーム兄弟
7ドーム兄弟

6ドーム兄弟

観光客用の列車の様なバス(最大20人乗りの車両が5台くらいつながっている)に乗りました。日本語を含めた10か国語で録音された音声ガイドがあって、自分で選んで聞くようになっています。1時間弱で、ナンシーの主要な名所を外からですが一通り見学できます。

美術館IMG_2943

戦士の像

建造物IMG_2940街の

教会IMG_2933

ナンシーに到着して3時間。まだ昼食をとっていません。 



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

サロン・ドゥ・カルトナージュ弘前 白坂 和代

Author:サロン・ドゥ・カルトナージュ弘前 白坂 和代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。