スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンシー 後半

歩き回って疲労困憊、お腹もすきました。
スタニスラフ広場に面したカフェで昼食、暑くて食欲は今一つ。

カフェ広場に面した

注文したのは、クルーム系ドリア、デザートは好物のミルフィーユ。クリームがはみ出していて見かけは悪いのですが、濃厚なクリームとパリパリのフィーユが絶妙な味でした。
夫のクリームブリュレははずれでした。

ミルフィーユIMG_2947

ブリュレクリーム

お腹が落ち着いて、ロレーヌ美術館見物です。この地方の文化、美術が集大成された美術館です。ジョルジュ・ド・ラ・ツールの絵画が5,6点ありました。予備知識に入っておらず、予想外だったので驚きました。

ロレーヌ美術館からナンシー派美術館まではちょっと距離があり、帰りのTGVの時間も迫っていたのでタクシーで移動しました。ロレーヌ美術館の受付の方にタクシー乗り場を尋ねたら親切に電話で呼んでくれました。

ナンシー派美術館は、アールヌーボーに特化した美術館で、ナンシー見学の中でも特に期待していました。

建物ナンシー派

7エミール・ガレ、ユージェン・ヴァラン、ルイ・マジョレルなどのコレクションです。展示品は、家具、ガラス製品、オブジェ、ステンドグラスなど多岐にわたっています。
ナンシー派のパトロンであったユージェン・コルバンの所有地にある美術館ですが、当時の庭園と建物のままで、アールヌーボーの装飾的な雰囲気をよく伝えています。

ナンシー派

2ナンシー派

3ナンシー派

4ナンシー派

5ナンシー派

6ナンシー派

7ナンシー派

8ナンシー派

9ナンシー派

10ナンシー派

11ナンシー派

12ナンシー派

13ナンシー派

15ナンシー派

41ナンシー派

派16ナンシー
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

サロン・ドゥ・カルトナージュ弘前 白坂 和代

Author:サロン・ドゥ・カルトナージュ弘前 白坂 和代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。