5日目 最終日

パリ滞在も、とうとう今日で最終日になってしまいました。
パリ16区の昔住んでいた界隈にバスで行ってみました。地下鉄と違って、街の様子が見られてバスもいいものです。渋滞があると地下鉄より少し余計に時間がかかりますが。

バスを降りると、なんと35年前と同じ場所に、同じように朝市が出ていました。懐かしさがこみあげて、胸がつまりました。毎週火曜と金曜に、この市場で買い物をしていました。当時スーパーがあまりなく、あっても品数が少なくて値段が高いので、食料の調達は市場が中心でした。

市場IMG_2999

市場2

日本ではとても高価なアンディーブやアルティショーも安く売られています。

いちば4IMG_3007

いちば3IMG_3002

魚は昔より種類が増えていました。マグロもありました。

11市場

10市場

9市場

8市場

7市場

6市場

5市場

市場から離れてパン屋に向かいました。住んでいたフランソワ・ミレー通りの角、昔と同じ場所においしいパン屋さんがちゃんと残っていて、あいかわらず、外まで行列ができていました。
バケットに挟んだサンドイッチとお菓子を買いました。パリでは、サンドイッチと言うと、このバケットに挟んだものを指します。

昔住んでいた8番地のアパートの入口を見つけました。昔は、ボタンを押すだけでしたが、さすがに最近はセキュリティが厳しくなって暗証番号式のロックになっていて、それ以上は入れませんでした。

マンかつてノアパルト

この周辺は、建築家ギマールが建てたアールヌーボーの建物があちこちにあります。昔住んでいた8番地の向かいもギマールの作品でした。当時は知りませんでしたけど。

ギョームIMG_3011

ギョーム3

5ギョーム

4ギョーム

2ギョーム

近所の公園に行ってみると、沢山の花が植えられ、きれいに手入れされていました。
付近のオフィスで働いているらしき人々が、ベンチでサンドイッチやお弁当風のものなどを食べていました。
パリの昼休みもだんだん縮小されて、レストランで食べる人も減っているとか。
私たちも、先ほど買った昼食をベンチでとることにしました。

3花壇

2花壇

花壇IMG_3024

バケットIMG_3018

ハム、チーズ、レタス、セロリ、煮詰めたトマトのサンドイッチと鶏肉の冷製、黄色のパプリカ、煮たトマトのサンドイッチ。あふれるように具が入っていて、水っぽくならないのは、サンドイッチ用の固めのパンだからでしょうか。
へたなレストランの料理より美味しかったです。

食後、白鳥の散歩道に向かいました。セーヌ河の中州で、二つの橋をつなぐような1キロほどの歩行者専用の小道です。ここから、セーヌの観光船の行き来が見られます。

散歩道白鳥の

バトームーシュ

続いてバスチーユ広場に向かいました。バスチーユ広場に面して、今は使われていない国鉄の路線と駅がありました。現在駅は昨日感激した新オペラ座になり、旧路線の下がアーケード街になって、工芸美術品のお店が連なっています。

の修復絵

美術骨董の修復屋。反射してうまく撮れませんでした。

手芸の店。「女性の幸せ」という店のようです。

雑貨屋IMG_3032

バスチーユからボージュ広場へ続く道は、ファッションやアクセサリーの店が連なっています。ボージュ広場についたときは、疲れ果てて、眺めの休憩。中央の広場の芝生で、パリジェンヌが寝転んで昼寝をしています。うらやましい・・・。

広場ボージュ

植木の枝のくぼみから何羽かの鳥が首を出しています。いなくなったと思うとまた別の鳥が、そこから顔をだします。


鳥IMG_3033

おばあちゃんに連れられて、まだ歩き始めの女の子のよちよち歩きが可愛くて、広場にいるいろいろな人たちから声をかけられていました。

ベビーIMG_3035

夕方早めにホテルに戻り、預けていたスーツケースの荷物を整理して、北駅に向かいました。北駅から空港まではすぐなのですが、駅が混んでいて、切符を買うまでに随分と時間がかかりました。

夜10時過ぎ発の飛行機で日本へ。アッと言う間の5日間でした。体力の限界に挑戦して、目いっぱいの予定を組みましたが、なんとか乗りきりました。その分、充実した楽しい時間を過ごしましたけど・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

サロン・ドゥ・カルトナージュ弘前 白坂 和代

Author:サロン・ドゥ・カルトナージュ弘前 白坂 和代
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR